抜歯後の治療

※こちらは2020年6月22日に、あめふらし(Kohei Aizawa)のFacebookに投稿された記事の転載になります。Facebookに投稿された記事に加筆・減筆、資料などの変更が加えられている場合があります。※




F・E・I・Jより、おはようございます!あめふらしです♪
 茨城県人のアニメオタクとしては、本日は、無線が得意な恋に恋する乙女の誕生日を祝う処なんでしょうけどね(笑)。 ヤダモー



 まぁあまり皆さま興味はございませんでしょうが、あめふらしの前歯の処遇が決まりましたので、歯の治療などのご参考になればと、投稿させたいただきます♪


 結果は、「保険のきく”入れ歯”で様子を見る。」となりました。パチパチパチパチー(ハクシュ  ネッ♪

 やはり”ブリッジ”は残った歯がもったいなさすぎる(ブリッジを着ける為に丈夫な歯を削らなきゃならないですからね。)、と却下! センセイドウシ  デ  プチ ケンカ   シタノハ  ナイショ ノ ハナシ・・・

歯科医イラスト.jpg

 かと言って”インプラント”を行うには”骨”が減少していて、すぐに施術をする・・・には不安が残る。 だそうです。


 なので、減少した骨の復元を”願いつつ”不自由がない様に入れ歯を入れましょう!となったワケです。


 抜歯した歯の根元に長い事、膿だまりがあった為に、もしかしたら骨が戻らないかも?戻っても時間がかかるかも?だそうです。抜歯後の傷の治りも時間がかかるらしいです(泣)。


 こうなると一生懸命歯磨きして、お口の管理をしてましたけど早めに決断してもよかったのかなぁ・・・と思う処もありますねぇ。マァ ソコ ハ イマサラ ノ オハナシ・・・ ト イウコトデ。

 と言う事で、結果「不自由が無い様に、入れ歯にして、今後減少した骨がどうなるのか?を見守る。」となりました。


 最終的にどうなるのかは1か月後か?半年後か?はたまた1年後か?定期定期に歯医者に通って、死ぬまで使う大事な歯を管理して行きたいと思います♪

 皆さまも早め早めに歯医者に行って、しっかり治療、しっかり相談した方が良いですよ。




それでわ本日はこんな処で、皆さま!行ってらっしゃい!!

※文章途中の点々は、見やすい様に改行を上手く行うためにつけられたものです。お気になさらずに♪※





追記
 6月27日に正式に”入れ歯”となりました。パチパチパチパチー  (ハクシュー     ナニガジャ!

 同時にマウスピース的なモノを更新して、見た目重視の(入れ歯よりもぜんぜん目立たない!)モノもつくってもらいました!!
まぁ、コレではご飯は食べられないんですけどね・・・、歯がかみ合わさらないので。


 同時に9月まで、退縮した骨を見守るって事にもなりました。
おそらく、先生はインプラントを諦めてはいないんじゃないかなぁ・・・と、思うんですが。あめふらしはとっくに諦めてます(爆!


 インプラントって、その後の制約(ブリッジの土台にならないとか、糖尿とかの身体的病気でも手術が出来なくなるとか、その他もろもろ・・・)が多い感じがして、その制約がオイラにとっては”リスク”に感じるんですよねぇ。

 なので、ちょっといい入れ歯を作りたいな♪と思っている今日この頃です。


さてさて、結果やいかに!!

こうご期待!!!    ヒッパル ノ カヨーw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント